新型うつ病の情報をチェック【症状に関すること調べちゃおう】

男性

若い女性が発症するうつ病

ドクター

新しいうつ病の症状と治療

かつては中高年の男性が発症していたうつ病ですが、最近では新型うつ病といって若い女性が発症するうつ病が増えてきました。うつ病というと、好きなことすらやらなくなったり、食欲がなくなったり、といった何もやる気が出ないという症状が一般的でした。しかし、新型うつ病の症状は全く正反対で、時には明るくなったり、怒りっぽくなったかと思うと、悲しくなって号泣したりと、感情の浮き沈みが激しいといった症状になっています。周りから見ると普通にふるまっているように見えるため、うつ病に比べて病気だと思われず放置してしまうケースがよくあるので注意が必要です。新型うつ病の治療方法は精神科や心療内科でのカウンセリングが中心になります。カウンセラーとの対話を通して、普段の生活の中で問題となっていることに気づき、問題を修正していくという治療法です。新型うつ病の原因として、生活習慣の乱れや対人関係が上げられます。規則正しい食生活や睡眠は、健常者なら問題なくできますが、うつ病の患者にとっては難しく感じることもあります。感情に左右されついつい忘れがちになってしまいますが、カウンセラーと一緒に計画を立て、確認作業をすることにより、感情に流されない改善が可能になります。また、対人関係に関しても新型うつ病の患者は、相手の言葉に対して自分勝手な解釈で相手を拒絶してしまう傾向にあります。例えば、相手は全くそんなつもりで言っていないのに、「嫌われた」とか「否定された」などと間違った解釈をしてしまって落ち込んでしまうというケースです。このような解釈の歪みは、患者だけでは修正するのはほとんど不可能です。カウンセラーはこのような解釈の間違えを、患者との対話を通して修正していくという治療法をとっています。そのため、精神科や心療内科で少し治療を受けたからといって劇的に良くなるということはありません。長期間にわたって通院を繰り返すことにより、少しずつ改善されていくという治療法になります。補助的に薬を処方されることがありますが、治療はあくまでもカウンセリングが中心です。信頼できないカウンセラーのいる病院を選んでしまうとなかなか長続きが難しくなります。なので、信頼できるカウンセラーが見つかるまで、いくつか病院を変えてみるのが有効な治療法です。